コンソーシアム事業内容

中国地域産学官連携コンソーシアムとは

「中国地域産学官連携コンソーシアム」は、文部科学省のイノベーションシステム整備事業

  大学等産学官連携自立化促進プログラム(機能強化支援型)
  『特色ある優れた産学官連携活動の推進』

に、岡山大学・鳥取大学が共同で応募し採択され、平成20年度から同受託事業として実施されてきた産学官連携事業です。

平成24年度をもって文科省事業としては終了しましたが、平成25年度以降も両校が中心となり事業を継続し、中国地域の産学官連携活性化の一翼を担うべく、活動して参ります。

―さんさんコンソの活動方針―

1)中国地域の大学・短大・高専が持つ、優れた技術や知的財産などの知的資源を収集し、一元化すること

2)教育機関、企業、行政機関など様々な立場の皆様で収集した知的資源を共有し、中国地域におけるイノベーション創出と産業の活性化につなげること

3)中国地域の内外に向けた積極的な産学連携活動を行い、広域での技術マッチングを推進すること

中国地域産学官連携コンソーシアム参加校・特別会員

参加校

【さんさんコンソ参加校・特別会員一覧表】

  ◆さんさんコンソ参加校一覧表  pdf     ◆さんさんコンソ特別会員一覧表 pdf

このページのトップに戻る

各機関との情報共有について

さんさんコンソ事務局に寄せられたイベント情報、大学・高専シーズ・企業ニーズ情報等を
各関係機関に連絡します。


各機関の連絡引継ぎについて

このページのトップに戻る

面的特許・技術紹介

利用者に、参加校の技術を相対的に把握していただくため、「面的特許・技術マップ」と称する、”集合型技術提案資料”を、事務局が作成します。
参加する大学等が保有する、独自の得意技術を分野別に組み合わせることで、より「多面的」で「効果的」な技術提案・技術提示を実行します。


面的技術紹介

このページのトップに戻る

WEBツールの活用

さんさんコンソでは、広い中国地域をカバーするために、WEBツールを活用します。
域内企業・関連団体等には、すべて無償で活用提供しています。

このページのトップに戻る